ランドセルを背負うピカピカの1年生になる前の卒園式

ランドセルを背負うピカピカの1年生になる前に、年長さんとして幼稚園や保育園で過ごした子どもたちは、 3月になるといよいよ卒園式を迎えます。

卒園式には、親子ともにフォーマルな服を着てのぞみます。

卒園式の進行は、卒園証書授与や園長先生の挨拶などが中心ですが、最近は、親から子供に卒園証書を渡したり、子どもから親に「育ててくれてありがとう」と感謝の言葉を伝えたりするなど、親も参加する形が多くなっています。

出来る限り卒園式には参加して、子どもが立派に成長した姿を目に焼き付けて、晴れて巣立っていく子どもを祝福しましょう。

卒園式の後には、親が中心となって謝恩会を開くのが一般的です。

お世話になった先生達や、お友達の両親など、周囲の人に感謝の気持ちを伝えて下さい。

卒園式での子どもの服装はてん指定の制服があればそれを着用しますが、制服がなければフォーマルな服装を用意してあげましょう。

男の子なら、スーツやブレザーが基本です。 ネクタイは明るめの色を用意して、きれいな靴下や靴を履かせましょう。

革靴にすると、あんなに子供っぽかったこが、大人っぽい雰囲気に大変身しますよ。

女の子はセットアップや、ブレザーにスカート、清楚なワンピースなどが基本になります。

ヘアアレンジやアクセサリーなどでフォーマルな雰囲気を演出するとよいでしょう。

卒園式でのお母さんの服装は、黒や紺、グレーなど暗めのスーツが大半です。

華やかな色のスーツを着ると、浮いてしまうこともあるので、卒園式の雰囲気を先輩のお母さんたちに聞いてみるとよいでしょう。

まだ寒い時期なので、防寒対策をすることも大切です。

お父さんの服装は、ブラックスーツやダークスーツが基本です。

スリッパなど、持参するものも前日までに確認しておきましょう。

卒園式では、クラス全体でお世話になった先生に、お礼状添えてお礼の品を贈るのが一般的になってきましたね。

花束や菓子折のほか、毎日使うタオルやハンカチ、エプロンなども喜ばれますよ。

お礼状は、親の代表者が書くことが多いようです。

子どもが書いた手紙や絵などを添えてもよいでしょう。

園によっては贈物を禁止しているところもあるので、確認しておいてくださいね。

さあ、可愛いピカピカの1年生までもう少しです・・・・・

人気のランドセルはすぐに売り切れますので、どうぞランキングを参考にして決めて下さい。

2018ランドセルの人気お勧めランキングはコチラですよ!のTOPページへ